涼をもたらすのは日本人にだけ!?

本日もお疲れさまでございます。

日本の精神文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Les point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

今日の東京は洗濯物がよく似合うような晴れ晴れとした青空が広がりました。
気温も昨日よりも5℃以上高いそうですが、風はすっかり秋の風になり、窓を開け放していてちょうど良いくらいの過ごしやすい気候でした。

残暑見舞いをお届けする季節も過ぎ、夏の終わりを感じ始めていた今朝でしたが、テレビを見ておりましたら、川越氷川神社縁むすび風鈴が特集されておりました。

私は訪ねたことがないため初めて拝見したのですが、色とりどりの風鈴で飾られた風鈴回廊はとても素敵でしたラブ

リンクを貼ったページに記載されている言葉もとても素敵音譜だったので少しご紹介しますねウインク

 

 

--- HP(https://www.hikawa-fuurin.jp/?p=46)より抜粋 ---

 

現在も「風の便り」という言葉が残っているように、

昔の日本人は

「風が人の想いを運んでくれる」

と信じていました。

 

風鈴は、風が鳴らしてくれる鈴。

目には見えない風を

「音」として私たちに知らせてくれます。

 

川越氷川神社の境内に響く、

涼やかな風鈴の音は、

たくさんの願いが

風にのって運ばれていく音色です。

大切な想いが「縁むすびの神様」へ届き、

お参りされた皆さまに良いご縁が運ばれますように。

--- --- --- --- ---

 

HPではさらに写真や言葉が続いていますラブラブ

 

先月(か、先々月)、
テレビで

風鈴の音を聞けば、涼しくなるのか!?

といったコーナーをやっていました。

 

日本人数人と、外国人数人に、白い壁で囲われた殺風景な部屋に入っていただき、風鈴の音を流し、サーモグラフィーで熱分布を測定します。

 

すると、外国人グループは皆熱分布が上がるか、変わらないのに対して、日本人グループは全員の熱分布が下がったのです!!

すごいですよね!? 不思議ですよね!?

 

 

この解明には諸説あることと存じますが、記憶によると、そのコーナーの解説の先生曰く、日本人は

 

1. 風鈴が「風が吹くことで鳴るもの」であることを無意識に意識できるほどに知っている

2. 風鈴音がする→風が吹いている(と認識)

3. 風が吹いている→涼しい

 

と思考が働き、風鈴の音が聞こえると、風が吹いていなくても吹いているような感覚になり涼しく感じるそうで、一方、外国の方は風鈴に対して1に至るほどの意識がないため、ただの雑音、騒音としか聞こえないとのことでした。

 

そうビックリマーク

風鈴の音を耳にして「いいね~風情があるねぇ~」と口にしたくなるのは、日本の文化、芸術、そして風鈴の仕組みをしっかりと理解し、感知できる日本人だけなのですビックリマーク

音から風情を感じる感性を持った私たち日本人。

そう思うと、なんだか誇らしく思えてきませんかはてなマーク

 

 

しかしながら昨今、日本人の間でも風鈴の音を雑音、騒音として、苦情が相次いているとの話を耳にします。
とても心が痛む事実ですが、そのコーナーの終盤、風鈴作りの職人さんが、

-私たちは
 雑音、騒音と言われないような(言わせないような)

 キレイな音色の風鈴を作るよう

 頑張って作るだけです

といったような内容を仰っていたことがとても心に残っています。

 

愛らしい形をし、様々な音色を奏でる風鈴。

日本の職人芸の一つである風鈴。

日本の美意識をも表現している風鈴。

私は、そんな風鈴が大好きです。

 

風鈴も、日本が誇る芸術品の一つ。

いつまでも日本に残って欲しい、日本人の心と歴史が詰まった芸術品です。

 

ちなみに、今年の「縁むすび風鈴」は7月1日~9月10日(今週末ですねビックリマーク)まで開催をしているそうですよウインク
週末、行けたら行ってみたいな照れ