四季と共に

本日もお疲れさまでございます。

日本の精神文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Les point de vue de Les Misera〜」の浅海です。


そういえば!!!!!

すでに過ぎていました!かもめ~るの抽選日!!!

ん・・・?(^^;)
年賀状文化すら薄らいでいるこのご時世、そうお思いになった方も少なくないでしょう。
それでもこの夏も264,174,000枚が発行されたそうですよビックリマーク
皆さんはこの夏、何通の暑中見舞い・残暑見舞いをお受け取りになりましたかはてなマーク

今年の弊社からの残暑見舞いはこのようなデザインのものをお届けしました。

 


仕事をリタイアしてから趣味で始めた「己書」でしたためてくれた、弊社前代表でもある母作成のオリジナル残暑見舞いです。
同じもとはひとつとしてない、心のこもった残暑見舞いニコニコ

お届けしたある社長さんは

 眺めてるだけで清々しく、涼しい気持ちにさせてくれます(^^)

 残暑見舞いオブザイヤー決定です

とFBに写真付きでUPくださり、とても嬉しく存じました照れ

一方、近頃受け取ったお便りには、このようなお届けが・・・ビックリマーク

まずひとつめは、富士山登頂という近況報告が兼ねられた暑中見舞い音譜

富士山頂の郵便局って、こんな粋なスタンプで処理をしてくださるのですねビックリマーク

日付もバッチリウインク

富士山登頂の快挙と、健やかにお過ごしのご様子、夏富士の清々しいイメージを、このほんの少しのスペースから受け取ることができました音譜

 

 

そして、9月に入って届いた、お世話になっている庭師さんから頂戴した近況伺い(俗に言う営業)のお葉書には、秋の風や匂いが運ばれてきましたラブラブ

 

 

そうです。

トンボの季語です照れ

庭師さんは四季の移ろいを肌で感じる職業のひとつだから、このような心配りも自然にできるのかなぁ...などと、ひとり目じりが下がりました。

 

どちらも季節感のある、とても素敵なお便りですよね照れ

 

四季がある国、日本。

このように美しく、そして変化に富んだ四季に囲まれている国は数少なく、風土面でも日本は非常に恵まれています。

 

物心がつかない時分から、四季折々の景色や空気、風、匂いに囲まれ、五感を磨きながら育っている日本人。

そんな日本人は、感受性も豊かきらきらです。

 

いつも...そしていつまでも、四季を感じ四季を愛し四季に感謝し、そして四季と共に歩むことのできる日本人でありたいものですね照れ

 

 

<参考>

私は度々“年賀状や暑中・残暑見舞い”のススメをブログに記しておりますので、それにつきましては、お時間が許しました折にでも、下記記載の参考アーカイブをお訪ねいただけましたら幸いに存じますウインク
 ・年賀状アーカイブ
 ・暑中・残暑見舞いアーカイブ