気づく

本日もお疲れさまでございます。

日本の精神文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Les point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

先日、ブログ『大分・真木大堂』に記した真木大堂から大分空港に向かう際、杵築駅でバスに乗り換えました。

 

杵築駅。お立ち寄りになったことはございますか?

私は初めて降り立ったのですが、駅にこのようなポスターを見つけました。

 

 

“その独特な生活文化の中で、

 人々の暮らしを豊かにする

 あまたのものが育まれてきました。”

 

“そんなきつきの日常を織りなすもの、

 その類まれなる価値への「気づき」。”

 

この2つの文章が心に響き、思わず写真を撮ってきましたにこ

 

 

この「日本に息づく心配り~Le point de vue de Les Misera~」でお伝えすべき使命の一つが、この“気づき” なのです。

 

ホームページの「Message」にも記していますが、 私たち日本人には多くの誇れる知識や歴史、文化、風土から生まれた慣習や習慣があり、それらをDNAとして少なからず受け継いだり、教えられたりしてきているはずなのです。

まずはそれに気づいて欲しい。

“当たり前”の中に、実は“特別な、誇れること”があることを。

お相手を思いやる心が存在していることを。

 

気づくということは、心配りには欠かせない能力です。

目配り、気配りをして気に留まらないことには、心配りすることは不可能なのです。


マナー、所作というと、皆さん、身につけることだけに必死になりますが、私は、お相手がしてくださった心配りに気づく能力は、それと同じくらい、大切なことだと思います。

どなたかが、包み方、用箋、所作等でお気持ちや格を表現してくださったときに、こちらがそれに気づく能力や、心の余裕、視野といった物事を備えていなければ、この関係が豊かになりことはありません。


人の想いを想いとして、きちんと受け取れる人であること。
この視点はとても大切です。

世の中に、より多くの豊かな関係が存在することを目指して、これからも活動して参ります。