何事にも空間を

本日もお疲れさまでございます。

日本の精神文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Les point de vue de Les Misera〜」の浅海です。


先日、ともこさんとの素敵な出会いを致しまして、ブログ『季節を味わう』に記したのですが、実はその後、メールのやりとりをさせていただけているのです照れ

 

そして今日ともこさんから、感動のプレゼントが届きました音譜

しかも、絵のように流れる字で一筆とともにラブラブ

{A4E544E7-E69C-4777-9F89-2C0875515DC3}
 

これこそ、私が一目惚れした日と同じマスカット柄の作品おねがい
そして大好きなうさぎ柄のランチョンマットまでラブ

あ!決して、露骨にはねだってないですよ!?
欲しさ満載だったので、滲み出てしまっていたかも!?しれませんが...(^^;)
 
さらに、うさぎ柄の用箋も複数枚お送り下さいましたおねがい
{1E5BA649-4E3F-440B-956D-2BF3ED167A38}
 
加えて、これらの贈り物には、どんなお手紙が添えられてきたと思いますか?
 
なんと
 
半紙に・・・
{6B4DFAB8-70E9-4B47-819F-76D0F68B8A2F}
 

しかもこの半紙、上に見えるような長方形の用紙ではないのです。
広げると・・・

{02D3EFAF-5C36-46C6-9EBB-BC7962A5D199}

私の手元に半紙があったとして、このような使い方ができるだろうか・・・いいえ...思いつきもしませんあせる笑

 

日本文化の特質は、この“空間”というものにもよく現れると耳にします。

特に身近で話題となるのは絵画においてでしょうか。

日本文化には、空間を巧みに表現する技術や感性が存在します。

空間を無駄とせず、空気感、雰囲気、勢いなどを伝える表現として利用するのです。

 

この空間、つまりは日々私たちの身近に存在します。

盆栽や生け花における空間は風情を醸し出しますし、会話の間合いが合うかどうかは、コミュニケーションの円滑化に大きく影響し、間を取ることで冷静さ等を表現することもできます。

心の余裕も間の一つですし、自宅の家具などの配置にだって、間のセンスは浮き出ています。

 

は、ことものだけではなく、五感に訴える全てにおいて、影響を与えるスパイスなのです。

 

但し、この使いこなしには技術を要します...DASH!

日々気にすることから始め、感覚を磨き、試してみることが大切。

 

服装にも、佇まいにも、振舞いにも、こころもちにも、お相手との間柄にも、仕事にも、お便り一つにも・・・

全てにおいて、間を上手に身につけ、表現できる人でありたいものです。