「言葉選び」は「言霊送り」

本日もお疲れさまでございます。

日本の精神文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Les point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

昨日の衆院選選挙における希望の党の結果を受けて、小池都知事の排除するという一言が論調の的になっています。

 

“排除”

確かに、刺激的な、強い言葉です。

私はこの数日、様々な方のコメントを拝読、拝聴して、2つのことを思っています。

 

まず一つは、言葉はやはり個性なのであるということ。

 

言葉を扱う講座で私が必ず伝えていることに、言葉選びを自分探しだと思って、楽しんで欲しいというポイントがあります。

 

例えば、ビジネスメールの冒頭に、

 「メールを下さり、ありがとうございました」と書くのも

 「メールをいただき、ありがとうございます」と書くのも

 「メールを拝受し、心よりお礼申し上げます」と書くのも

自由。

どれも間違ってなどおらず、どの言葉を選んだかの積み重ねで、そのメールの色が決まり、その人が伝わるのです。

 

言葉選びは各自の環境、思考、好みなど、様々な要件の下、各自が自由に行うものです。

でもだからこそ、自身の中にない言葉は、どうしたって脳裏に浮かべることも、言うことも、書くこともできない。

そして耳で聞いても、違和感を覚えるものです。

 

どのような表現方法をもってお相手に伝えたいかを考え、選択したその言葉こそが、その人自身の心の表れとなり、その人そのものとなる。

つまり言葉を選ぶことは、自分の個性を形成することなのです。

 

今回の小池さんの発言は「排除することもありますか」という記者からの質問に答えたものである」というツイートも目にしましたが、いずれにせよ“排除”という言葉を選び、口にしたのは、小池都知事自身であり、あの日あの時の小池都知事の心や思考の表れだったのだはずです。

しかも、小池都知事はそのご経歴や立場上、一般の人達よりもずっとずっと、一つ一つの言葉の意味や、重みや、印象を、大切に表現してきた方のはず。

その方が口にした言葉ですから。

 

ただ、ここでポイントとして欲しいのは、その言葉を口にしたことを「使うべきではなかった」と一蹴するのはやめて欲しいなぁと思います。

 

だって、言葉はその人そのものだから。

 

確かにとても影響力のある言葉でした。

でも、多くの瞬時の判断、決断を求められてきたお立場もあるでしょうし、時には強い言葉や相手を試す言葉を口にできるからこそ、今の彼女の地位や経験値があるのかもしれません。

もしも腹の中で“排除”という言葉が一番ふさわしいと思っているのに、ベールに包んだような緩い回答をされたら、それこそ本来の小池都知事その人を知るすべが一つなくなり、私たちの選択は歪んだものになってしまうのです。

 

あの日、あの時、あの場所での、小池都知事の勢いや自信、心持ちには、“排除”という言葉は、違和感のない、小池都知事そのものを表した単語だったのです。

 

言葉には霊的な力が宿ると言い、言霊という言葉もあります。
前述したように、言葉はその人自身の意識や心の表れであり、その人そのものですから、私は言葉選びというのは、言霊を他に伝えてる、つまり言霊送りをしているということなのではないかと思うのです。
 
また、言葉が独り歩きをするという言葉もありますが、それは何も勝手に独り歩きを始めた訳ではなく、口にした人の代わりに存在し続けているだけなのです。
言葉のせいにしてはいけません。
 
日本語は豊かです。
心穏やかな時には、やわらかい言葉が口をつくでしょう。
イライラしている時には、きつい言葉が口をつきやすいでしょう。

自信に満ちている時には確定的な言葉を、不安な時にはあいまいな言葉を選ぶでしょう。

言葉は、その瞬間のあなた自身なのです。
こう考えると、より言葉は大切に扱いたい、と改めて思いますよねニコニコ

 

さて。

随分と長くなってしまいましたあせる

もう一つの思いは次のブログに記したいと思います。