2018年睦月のはちの日餅♡笑くぼ

本日もお疲れさまでございます。

 

日本のこころ文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Les point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

昨日は急遽できた所用で主人と自由が丘へ(*^^*)

自由が丘に行くと、ついついのぞいてしまう...もとい...何かを買いに入店してしまうお店があります。

 

そのお店は・・・

 

自由が丘 蜂の家 さん (*^^*)

 

この日はちょうど8日。

蜂の家さんでは、 毎月8日だけはちの日餅というお菓子が販売されます♪

はい。当然です。えぇ、当然です。

買って参りました (≧▽≦)

 

image

 

 

2018年1月のはちの日餅は笑くぼ

“笑いの絶えない幸せな一年となりますよう”という文字にも、思わず頬が緩みました照れ

 

和菓子はその素材で旬を味わえるだけではなく、お菓子そのものにたっぷりと季節感が表現されている日本のお菓子。 

色や形をじっと見つめているだけで、季節を感じることができます。

 

餡子も季節によって甘さを変えるといいますし、季節を目で、心で、舌で味わえるように表現されている和菓子は、まさに“日本の心”を感じられるアイテムの一つではないでしょうかラブラブ

 

 

ちなみに来月のはちの日餅はうぐいす餅だそうです音譜 

http://hachinoya.co.jp/contents/fresh.html

自由が丘 蜂の家 さんの生菓子は甘さが上品で、本当に美味しいですよ。

機会がございましたら、是非お試しくださいウインク