スーツのAOKIさん

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Le point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

明後日からは少しづつ自由が丘店舗への引っ越し(*^^*)

ワクワクする気持ちを抑えつつ、今日は蒲田で銀行巡り等々。

蒲田をこんなにウロチョロすることも、もう少なくなるだろうなぁ...(*´꒳`*)

 

あちらこちらを歩き回っていると、東口に新たに「スーツのAOKI」の新店舗ができていたことに気がつき、ふと、店舗の壁面のこんなところに注目してしまいました。

 

 

{952B700B-7BC1-447A-9185-B63071D48066}

 

皆さん、どこか気に留まりませんかはてなマーク

 

地図が分かりやすい!・・・いや、その他に(^▽^;)

 

私の気に留まったのは・・・JTBさんという記載です。

この記載、「JTB」でも良いと思うのです。

いえ、むしろ良くある記載は後者ではないでしょうか。

でもこの記載、とても好感が持てませんか?にこ

 

日本語には、様、殿、先生、御中、各位、さん、くんのように沢山の敬称あります。

日本文化の基礎は上下関係で成り立っていますし、豊かな表現を持つ日本語らしい特徴ですよね。

そして、その様々な日本語を自ら選び使って気持ちを表現できることが、日本語の面白く楽しいポイントです。

 

この表示もそうです。

「JTB」でも良いところ、敢えて「スーツのAOKI」さんはJTBさんと表現した。

これは良し悪しではなく、「スーツのAOKI」さんの精神、考え方の表れなのです。

そして私は恐縮ながらかつて一度も入店したことのない「スーツのAOKI」さんにとても好感と親しみを持ちました。

きっと、店内でも心配りある接客をしてくださるお店なのだろうなぁ...と照れ

ほんのこれだけの表現が、社風宣伝になるって、凄いことですよね!?

 

ちなみに弊社でも、働いてくださる従業員の方には、全てのクライアント様の名前を口に出す際は「さん付け」をするように徹底しています。

個人名に敬称を付けることは容易にできるのに、案外、社名は呼び捨てすることの方が慣れているものです。

 

敬称を付けて呼ぶだけで、尊敬の念がわいてくる。

正に言霊。

敬称も魔法の言葉の一つだと思いますニコちゃん