目に止めてもらえる幸せ

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Le point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

自由が丘に拠点を移して約一か月。

店舗にも、この界隈にも、通勤にも、少しずつ慣れ、ペースができてきました(*´꒳`*)

でもまだまだ!手を加えたいところは盛りだくさん!

外看板も買ったのはいいけれど、まだ何も書いても貼ってもおらず、真っ黒のまましまいっぱなしだし...(^^;)

 

ディスプレイもまだ理想にはほど遠い、質素な感じですが...💦有難いことに、立ち止まって眺めてくださったり、見て行ってくださる方が一日に何組もいます。

このディスプレイを期に、お散歩途中のお仲間同士で、風呂敷やお箸を話題に歩を進めてくださるのを見ると、思わず嬉しくなりますし、数日に一度足を止めてくださる方と言葉を交わす楽しみも味わえるようになりました(*´꒳`*)

これまでの拠点はマンションの一角ばかりでしたので、初めて味わっている幸せです。

 

{8EAC5D5C-D80D-43ED-9FC0-F1DC6754D02F}

 

私の扱っている題材は、どれも日頃から身近に感じていただけているものではありません。
風呂敷や己書はもとより、お箸すら日頃から意識の上に使っていただけているお道具ではありませんので...。
でもだからこそ、こうして“目に触れる機会をご提供すること”、“話題にする機会をご提供すること”は、私の伝承活動の重要な役割の一つではないかと考えています照れ

ディスプレイがもっともっと、華やかで目を引くものになることを、是非お愉しみいただけましたら幸いです。
そして...手を加えてくださる方!アイデアをくださる方!...大歓迎です!!!爆  笑