母の日の出会い

 

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ文化についてお話を致しております「日本に息づく心配り〜Le point de vue de Les Misera〜」の浅海です。

 

昨日5月13日は母の日でしたね(*^^*)

皆さんはいかがお過ごしになりましたでしょうか?

 

私は前日に義母を含め主人家族と夕食を共にし、そして、昨日は母と主人と三人で、母のリクエストにより三軒茶屋・西太子堂のCat’s Meow Booksに行ってきました

 

母曰く、Cat’s Meow Booksは先日テレビ東京の「モヤモヤさまぁ~ず2」にて紹介されていて知ったそう。

西太子堂駅から徒歩2分ほどの場所にあるそのお店には4匹ほどのにゃんこがおりました。

こちらは所謂“猫カフェ”ではないので、触ったり、抱いたりすることはできないのですが、店内の壁一面には猫関係の本がぎっしり!

猫の写真集や飼い方bookはもちろんのこと、『吾輩は猫である』まで...確かに猫がらみ...w

椅子やテーブルもあり、カフェも備えているので、にゃんこの寝息を耳にしながら、ゆったりとした時間を過ごせます。

猫と本が好き!という方にはたまらない空間だと思いますョ(*^^*)

 

ちなみにこちらのお店は保護活動団体に利益の一部を寄付し、保護猫と本屋が互いに助け合う関係の構築を目指しているそうです。

※FBページより一部引用:https://www.facebook.com/CatsMeowBooks/

 

ちなみに私は・・・こんな本を発見!

 

『箸と風呂敷と猫』

(著者:林佳恵/発行所:廣済堂出版/初版:平成5年1月15日)

 

なんとタイトルにお箸風呂敷とあるではありませんか目

 

私が自由が丘で運営しているのは「日本に息づく心配り~Le point de vue de Les Misera」はお箸風呂敷己書をアイテムに日本に息づく心配りを伝承する”事業。

 

―“お箸”と“風呂敷”と“己書”・・・どうしてこういう組み合わせで事業を行っているのだろう!?

一見、統一感がないと思われがちな三つのアイテム。(...私的にはあるんだけど...(^^;))

その中でも私の担当はお箸風呂敷です。

 

そんな“お箸風呂敷”がタイトルについている本があるなんてビックリマークビックリマークビックリマークとびっくりびっくりでした笑

もちろん、「これは正に私が買わずして、誰が買う!?爆  笑」ということで即買いしてきました音符

 

西太子堂駅は、東急世田谷線にあります。

三軒茶屋からも歩いて行けますよにこ

お時間があう機会がございましたら、是非立ち寄ってみてください。

“猫”を通じて、思わぬ“何か”と出会えるかもしれませんニコちゃん