恥ずかしいから!

 

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ・文化や、お箸・風呂敷などについてお話を致しております「Les Misera Culture School~日本に息づく心配り〜」代表・講師の浅海です。

 

今日は弊スクールの地元に住む小学生3人がお箸講座を受けに来てくれました(*^^*)

 

 

 
<お箸講座> https://www.kokoro-kubari.com/lecture/hashi/

 

スクールの前を通って、以前から興味を持ってくれていたとのこと。

昨日、お母様がお見えになり、ご予約をいただきました音符

...実はその数時間前には、ご本人も!「定休日はいつですか?」...と!

お母様はお子様がここに寄られたことをご存じなく、とてもびっくりされていましたが、私はその子の積極性に感服するとともに、それだけ興味を持ってくれていたんだと嬉しくなりました照れ

 

通常、お箸講座は90分を基本としていますが、今回は小学生ということもあり、また、学びたい(学ばせたい)こともはっきりされていたので、時間を60分に短縮し、特別メニューで開講ウインク

 

3人が席に着いた後、雑談交じりに「どうしてお箸の持ち方を学びたいと思ったの?」と尋ねたのですが、そこで思いもかけないセリフが・・・ビックリマーク

 

「お箸は日本に昔からあるはずで、日本人なのにちゃんと使えないことは恥ずかしいから」(※)

 

す...素晴らしい!キラキラキラキラキラキラ

 

そして、こんなことも言っていました。

 

「家族のみんながちゃんと上手にお箸を使えるのに、自分だけ使えないのが嫌」(※)

 

なんてことでしょう。

私の講座にお越しになる大人の生徒さんと同じセリフ...。

日本人がお箸に抱く心は、世代問わず不変なんだなぁ~そう思えるだけであなたは立派な日本人!と心の中で思わず拍手してしまいました。

 

講座の途中から、「(次に)お箸で食事をする機会が楽しみ音譜(※)と言ってくれた生徒さんたち。

このセリフを聞けたことは、講師として本当に嬉しく思います好

 

例えば“白米・ご飯”ひとつとっても、日本のふっくらとしたお米はスプーンでは食べづらく、やはりお箸を使うことが、美味しくいただくには適しています。

“日本食はお箸でいただく食事”であり、“お箸が苦手だったり、毛嫌いする気持ちがあると、日本食自体を美味しく楽しくいただくことはできない”のです。

 

もちろん今日の数十分だけで、気を抜いても問題ないほどに、お箸を上手く扱えるようになったわけではありません。

数年かけ手に脳に沁みついている癖がありますから。

でも、頭では理屈や形(カタ)を理解してもらえましたから、ゆっくり時間をかけ、手順を追って動かせば正しく扱えています。

今日の正しい扱い方が手に脳に沁みつくまで、根気強く練習してくれたら嬉しいなと思います。

 

「お箸はじっくり練習をすれば、必ずきちんと扱えるようになるから頑張ってね!」

帰り際にかけたこのセリフに

「はい!」

と元気に答えてくれた生徒さんたち。

今日の講座を通じて、和ごはんを更に好きに、楽しく、美味しくいただける大人に成長してくれますように☆

 

Nちゃん、Rちゃん、Hちゃん、

ご受講くださり、ありがとうございました。

復習したくなったら、またいつでも寄ってね(*^^*)

 

 

(※記憶の限りなので言葉尻は少々異なるかもしれませんがご了承ください。)

 

 

 

#己書  #マナー

#趣味  #自分磨き