mango treeでの一幕・・・

 

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ・文化や、お箸・風呂敷などについてお話を致しております「Les Misera Culture School~日本に息づく心配り〜」代表・講師の浅海です。

 

 

席についてメニューを選び、一息。
そしてふぅぅぅ...と肩の力を抜いて目線を挙げたら・・・
あ``-----!!!!!
見てしまったぁぁぁ!!!!!
美味しそうなメニュー写真のパネルの一つのおどんぶりの上にお箸が!!!
 

 

そうです。
これは所謂「渡し箸」という、やってはいけない箸使いのひとつ。
き``に``な``る``ぅぅぅぅぅ~~~(><)
なぜ「渡し箸」がやってはいけないとされているのかを知っているから余計に気になるぅぅぅ💧💧💧
 
もちろん、mango treeのお料理の国・タイをはじめ、諸外国にこれを“やってはいけない”としている作法はありませんし、お店の入り口をくぐったら、そこはもう「タイ!」であり、お店のコンセプトに全く問題ない写真です。
 
ただ・・・
 
箸文化が沁みついている私にはなんとも、なんとも見心地が悪い💦
「とんでもございません」という言葉を耳にしたり、神社で正中を歩いているのと同じくらい“気持ち悪い”(^^;
 
そして人って、「見ない方がいい」「見ちゃダメ」って言われると、見ちゃいません!?!?(笑)
見なきゃいいんだけど...見ちゃうんだなぁ、これが💦
しまいにはこうして写メまで撮ってきちゃったよ(笑)
 
「渡し箸」には、流派によって異なる解釈があります。
詳しくは講演等でお話をするほか、改めて(年内には!?!?)広くお伝えする機会を設けるつもりですので、是非お楽しみにしていただけましたら幸いです。
 
あ。そしてmango treeのお箸に関するコメントはInstagramの方に投稿しておりますので、そちらもよろしければ是非お立ち寄りくださいませ(*´꒳`*)

 

 

 

 

#己書  #マナー

#趣味  #自分磨き