じんわり…嬉しい。。。

 

本日もお疲れさまでございます。

日本のころろ・文化や、お箸・風呂敷などについてお話を致しております「Les Misera Culture School~日本に息づく心配り〜」代表・講師の浅海です。

 

数日が経っているのにまだじんわり…嬉しい。。。
ご存知の方も多いですが、元代々木からの移転で従業員さんが減ってから、弊社の電話は一旦代行会社で受け取ってもらっています。
会社の顔とも言える電話応対を他人に頼むなんぞ、独立したての私にしたら言語道断でした(笑)が、10年も経てば多くの変化が…変わるものですね。
もちろんいまだに不思議に感じている自分もいますが(^^;
代行会社は受けた電話の日時やお相手の情報、そしてやりとりの内容をメールで知らせてくれます。
先週、このような着信の報告を受けました。
-----
先日、浅海先生にご講演頂き大変勉強になりました。有難うございます。先生がお書きになった本を注文したいです。(中略)すごく勉強になりました。本当に素晴らしくて。
-----
と。とある会合での講演をお聞きくださったお医者さまからでした。
人生の大先輩にこんな風にお褒めいただけて、本当に嬉しかったです。
しかも活字で読みたいと。わざわざお電話までくださって。
かつ、ご連絡をいただいたのは、講演後、10日以上経ってから。
私の話をその会合の時間だけではなく、家に帰るまで、更には何日経っても、脳裏に残してくださったことも、とても光栄で、有り難く存じました。
実は講演をさせていただく中で「あなた、本を出しなさい!出したら良いよ!」というお声をほぼ毎回頂戴します。
現実的にはなかなか難しいと思いますが、一人でも多くの方に伝えられるよう、模索して参ります。
(今日もある会報誌へ1,500字弱の原稿を寄稿しました。11月号から5〜6話の連載を担当させていただきます。)
私が『お箸』や『風呂敷』を通じた『日本に息づく素晴らしい心配り』の伝承で目指しているのは、いじめも自殺も犯罪も戦争もない、心配りにあふれたぬくもりある世界。
もちろん、ビジネスにおいても必要不可欠な要素です。
仲間やお客様への思いやりや心配りによって、会社は組織として潤滑し、サービスや製品すら生まれますもの、ね。

 

 

 

 

#己書  #マナー

#趣味  #自分磨き