お世話になったお箸は「お焚き上げ」いたしましょう

皆さんは日々ハレの日に使用したお箸や、使い古したお箸、欠けてしまったお箸をどのようにされていますか?

そのまま溜め込んでしまったり、生ゴミとして処分したり・・・。

ただ、毎日沢山の命やご縁を穢すことなく自らの口に運んでくれたお箸ですから、ゴミとしてしまうのは、なんとも寂しいものですよね。

かつてお箸は家の庭で埋めたり、燃やしたりすることが一般的でした。
しかしながら現代においては、それはなかなか難しいことと存じます。

そこでおすすめなのが「お焚き上げ」です。
毎年8月4日や11月11日は「箸の日」と制定されており、日本全国のいくつかの神社やお寺で、ご祈祷やご供養の上、お箸をお焚き上げくださいます。

お箸を大切に想い、感謝をしたり、お箸を通じて祈念する・・・
そんな想いや機会を大切にしたい

この想いから、Les Misera Culture Schoolでは、使用済みのお箸のお受取りを致しております。
お受けしましたお箸は、箸の日にご祈祷やご供養をいただきます。

 ― 個人で神社仏閣に持ち込むというのは何となく尻込みしてしまう・・・

そんな方は是非お気軽にお申し付けください。

☘ このようなお箸をお受けします

  • ハレの記念日に使用したお箸
  • 使用済みの割り箸
  • 箸先等が欠けてしまったお箸
  • 長年使っていないお箸       ・・・など

※但し、お焚き上げができる木製のお箸に限ります。プラスチック製等のお箸はお受けできません。
 何卒ご了承ください。

☘ 合わせて諸願ご祈祷をいただくこともできます

お送りいただきましたお箸は、基本的には皆さまのご健康等を願い、心願成就にて弊スクール名義にてお納め致しますが、別途、ご祈祷料等をお預けいただきましたら、個人様名義にてご祈祷の手続きを代行致すことも可能です。
ご祈祷をご希望の場合には、後日ご祈祷札などをお届けします。
ご希望の場合には、別途弊スクールへお問合せください。