ふろしき講座

高島屋さんが紙袋を生み出すまで、生活の一部として深く根付いていた風呂敷。

四角いもの、丸いもの、少量のもの、重量感のあるもの・・・。用いる大きさに限度はあるものの、形あるものは基本的に包め、形や量に対する柔軟性、自在性に優れている。それが「ふろしき」です。

「包む」という動作は、ものを大切に扱う 所作のひとつです。

包むには一定の時間がかかります。

また、色・柄・素材を選びますし、包み方もTPOに合わせます。

そう。「包む」という行動の中に、心を包み込むのです。

ふろしきを、そして所作に込められる日本文化を身に付けませんか?


Challenge

本講座の基本プログラムです。

 

・講座時間:

 15~30分
・受講費用:

 500円(消費税込み)

Option

基本プログラム内容の他にご提供致しますオプショナルプログラムです。

ご希望、ご依頼に従い、プログラミング致します。